*平成27年度(第16回)解体工事施工技術講習は  平成27年10月上旬から11月中旬にかけて全国11箇所(北海道<札幌>・宮城<仙台>・東京・新潟・静岡・愛知<名古屋>・大阪・広島・徳島・福岡・宮崎)で開催されました。




























 


解体工事業に係る登録等に関する省令(国土交通省令)第七条第二号の登録講習
平成25年度(第14回)解体工事施工技術講習

主催国土交通大臣登録講習実施機関 登録番号1
公益社団法人全国解体工事業団体連合会



 
全会場の受付を終了しました。

 日 程 開催地 申込状況  定員
10/1()・2() 新  潟(新潟市) 終了しました 150
10/8(木)・9(金) 宮  崎(宮崎市) 終了しました 80
10/13(火)・14(水) 広  島(広島市) 終了しました 100
10/15(木)・16(金) 大  阪(大阪市) 終了しました 120
10/20(火)・21(水) 静  岡静岡市) 終了しました
120
10/22(木)・23(金) 徳  島(徳島市)  終了しました 100名
10/27(火)・28(水) 北海道(札幌市) 終了しました 66名 
10/29(木)・30(金) 東  京(新宿区) 終了しました 200
11/5(木)・6(金) 宮  城(仙台市) 終了しました 200
11/10(火)・11(水) 愛知(名古屋市) 終了しました 114
11/12(木)・13(金) 福  岡(福岡市) 終了しました 200


講習内容
 
解体工事施工技術講習は、建築物等の解体工事に携わる者等が、
「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 (略称:建設リサイクル法)」、
その他の関連法令等に的確に対応できる解体工事施工技術を確保することを
目的として、公益社団法人全国解体工事業団体連合会が実施する講習です。
 専用のテキストを使用し、
連続2日間の日程で実施します。
この講習は、国土交通省令(平成18年3月28日第16号第7条第2号)に基づく
登録講習です。修了者は、建設リサイクル法による解体工事業の登録及び施工
に必要な技術管理者の資格要件として
一定の実務経験年数が必要な場合に
1年間の短縮措置が受けられます。

 
受講資格は特にありません。

【第1日目】
受付:9:00~
講義:9:20~17:00
 ①建設業法・建設リサイクル法・改正リサイクル法等・②労働安全衛生法・規則等・労働災害統計・事例、KYT ③石綿障害予防規則・大気汚染防止法・フロン回収破壊法④廃棄物処理法・廃棄物の基礎知識・建設廃棄物処理指針・有害物処理等⑤副産物調査結果・不法投棄状況・再資源化⑥1日目のまとめ
【第2日目】
講義:9:00~17:00
⑦土木建築の基礎知識⑧解体工事の計画と管理(1)‹事前調査、積算・見積・契約、届出・許可申請、施工計画、許可申請、施工管理›⑨解体工法、解体用機器・騒音・振動規制法⑩解体作業⑴仮設⑪解体作業(2)(W・S・RC・SRC造解体作業の手順・留意点・施工事例等)⑫2日目のまとめ


主なテキスト 
 ・
テキスト<技術編・法規編の目次>
 ・
テキスト‹技術編表紙›
 
テキスト‹法規編表紙›
 ・
資料集の目次‹平成26年度› 
 
 *その他多くの資料を用いて講義します。

受講料
   34,560円(テキスト代・消費税含む)
             


Copyright (C)2001"ZENKAIKOUREN" All right reserved