平成25年度 解体工事施工技士試験 合格発表等
 
















□建設業法施行規則第七条の三第二項の登録解体工事試験
□解体工事業に係る登録等に関する省令(国土交通省令)第七条第三号の登録試験

平成28年度(第24回)解体工事施工技士資格試験
国土交通大臣登録解体工事試験実施機関登録番号1
国土交通大臣登録試験実施機関登録番号1
主催:公益社団法人全国解体工事業団体連合会



解体工事施工技士資格とは
「建設業法施行規則第七条の四」に規定された国土交通大臣登録解体工事試験(登録番号1)です。登録解体工事試験(解体工事施工技士)の合格者は、一般建設業営業所専任技術者(主任技術者)の技術者要件の一つとされています。
 また、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(解体工事業に係る登録等に関する省令第七条第三号)に規定された国土交通大臣登録試験<登録番号1>です。
 解体工事施工技士試験の合格者は、解体工事業の登録及び施工に
必要な技術管理者の資格要件の一つとされています。

 試験日時
   平成28年12月4日(日)、12:20~16:30(入室時間12:00)
 合格発表
   平成29年2月10日(金)

 試験地
・北海道(札幌市)・宮城県(仙台市)・東京都(新宿区)・新潟県(新潟市)・福井県(福井市)・静岡県(静岡市)・愛知県(名古屋市)・大阪府(大阪市)・広島県(広島市)・徳島県(徳島市)・福岡県(福岡市)・宮崎県(宮崎市)沖縄県(浦添市)
   
 受験資格 
  
解体工事の実務経験が一定年数以上必要です。
学 歴
必要な解体工事の実務経験年数
指定学科を卒業した者 指定学科以外を卒業した者
新制大学又は旧制大学を卒業した者 卒業後1年6ヶ月以上 卒業後2年6ヶ月以上
短期大学、高等専門学校(5年制)又は旧制専門学校を卒業した者 卒業後2年6ヶ月以上 卒業後3年6ヶ月以上
新制高等学校、旧制中学又は旧制実業学校(甲種)を卒業した者 卒業後3年6ヶ月以上 卒業後5年6ヶ月以上
その他の者
8年以上
注)①「指定学科」は国土交通省令(施工技術検定規則〈土木施工管理・建築施工管理〉)に規定する学科です。
  ②「実務経験」は解体工事に関するものに限ります。
  ③「実務経験年数」は平成28年10月31日現在で計算してください。

 受験料
  18,360円
(税込み)
 [合格者が登録する際は、資格者証及び登録証交付手続料として別途4,320円(税込み) が必要] 


 受験申請書(申込書)の入手方法
受験申請書送付依頼書を全解工連に送付して入手する。
*1部500円です。2部までは送料を無料といたしますが、3部以上の
場合は申請書代金に加えて送料(実費)をご負担いただきます。

②全国の正会員団体事務局で購入する方法
*平成28年8月30日(火)より全国の正会員団体事務局で販売いたします。


 申込受付期間 
  平成28年9月1日(木)~11月4日(金)<締切日の消印有効>

   



Copyright (C)2001"ZENKAIKOUREN" All right reserved